歯科と口腔外科の違い

>

口腔外科とは

一般歯科からの紹介ルート

たとえば歯周病で一般歯科に受診した患者さんが、大学病院の口腔外科などに手術目的で紹介されるというケースがあります。
一般歯科でも局所麻酔を用いて、小手術はできますが、重症化した歯周病などは、基本的には入院手術が必要になることが多く、口腔外科の領域となります。
親知らずの抜歯は、一般歯科でおこなっている人はいると思います。歯根部が非常に深いところにあり、なおかつ斜めにはえている場合などは、切開や縫合といった外科的処置が必要となるので口腔外科への紹介となることがあります。
近年では、義歯ではなくインプラントをのぞむ患者さんも増えてきています。自費での治療になる、いわゆる人工歯根といわれるものですが、顎の骨に直接埋め込むような治療となると、出血のリスクも高くなりますので、口腔外科領域での治療となります。

重症度が高くなると口腔外科領域

悪性腫瘍が口腔内にある場合は切除だけでなく、治療が順調にいったとしても、数年単位でのフォローが必要な病気です。
歯茎の腫れは、歯肉炎や歯周病のサインです。
膿がでてきている場合など、重症な感染を起こしている場合は、入院治療が必要となることがあります。
虫歯の悪化や口腔内の変形などにより炎症を起こしている場合なども適応になります。
その場合は、口腔外科での治療になります。入院して手術ということになると基本的には大学病院に紹介されることが多いです。
外傷の場合は、一般歯科でみられる場合もあります。
テーブルに歯型がのこるほど強く口の中をうってしまったが、一見したところ出血もおさまり、レントゲン上も問題ないという場合はそこで終診となります。
ただし、歯だけの治療でおわらない場合、例えば顎の骨折など重症の場合は口腔外科となります。